読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

想い

日々の考えや思い

世界で1番かっこいい人

2日間泊まりで会った

 

一緒に映画を見るとき、ずっと手を握ってくれてた

 

いつも私を気にかけてくれる優しい人

 

大好きな人

 

路上ライブをするあなたは

誰よりかっこよくて

なおさら好きになった

 

寒いって言ったら上着を貸してくれて

ありがとうって返したら大丈夫?って言ってくれて

 

あなたとの全てが本当に幸せ

あなたの匂いも

触れ合う身体全ても

あなたの寝顔も寝息も

 

全部全部

 

私が世界で1番好きなもの

 

会う度にさよならがなければと

帰る家が一緒ならばと

何度も思う

 

結婚してね

私はあなた以外愛する気がない

愛せない

 

だからずっと

これからもそばで

私を見ててね

会えるという奇跡

この2日間あなたに会えた

 

あなたが来てくれた

丸々1日を私のためにあけてくれた

 

あなたのそばにいると

落ち着いて眠たくなる

安心して全てを預けたくなる

 

まるで家族みたい

 

あなたほど隣にいて心地いい人はいない

世界で一番落ち着いて、私が甘えられる人

 

幸せだった

 

2人で隣に座ってるだけでも

一緒に寝ても

一緒にご飯を食べても

一緒に歩いても

何してもあなたとなら幸せ

 

本当にあなたがずっとそばにいてほしい

もう離れたくない

 

だから絶対

 

結婚しようね

 

今日も明日も、ずっと大好きだよ

あなたへ

あなたの香りを追った

 

あなたの香水を、ボディミストを

 

私は真似して買った

 

寝る前に枕元にふきかける

 

あなたがそばに居るような

あなたの布団にいるような

安心感と幸福感が生まれる

 

あなたと会わなくて1ヶ月が経ちました

あなたの気持ちはどうですか?

変わらず私を好きでいてくれてますか?

 

今日、綺麗なものをみたよって

今日、美味しいものを食べたよって

 

全部全部

あなたに教えたくなる

 

できればあなたと見たかった

できればあなたと食べたかった

 

いつもどこか心の中で照らし合わせてしまうあなたの影

 

この先も私の心の中にあなたが

あなたの心の中には私が

ずっといます

 

早く会いたい

 

距離がもどかしい

君の揺れ動く心

「会いに行くから」

そういってくれたあの日の君は

どこへ行ってしまったのだろう

 

「もう帰るつもり」

と言った今日

 

私に会いに来てくれるって言ったのに

 

でも君の辛さを考えたらそうは言えなくて

 

会いたいけど会えない

 

君の移り変わる心が

私は嫌いだ

 

1度決めたなら

揺れないでほしい

 

私への気持ちが

そんなものなのかって

思ってしまうから

 

はやく会いたいよ

 

君は同じ気持ちじゃないの?

私達の両思いのカタチ

距離が空いた瞬間

涙がこぼれた

 

そばにいなくなったときも

涙がこぼれた

 

あなたとの間にできる物理的な距離に

私は何度も

涙を流した

 

あなたがそばにいてくれる毎日が幸せ

1ヶ月に1回会えれば幸せ

あなたが私を想ってくれていれば幸せ

あなたが生きていてくれたら幸せ

 

どんどんとちっぽけな幸せに気付いてゆく

 

そしてお互いに

どれだけ大切な存在かを

何度も確かめあう

 

会いたいが多くなるふたり

それでも寂しくない

思いあってることが

照れちゃうほどにわかりやすく伝わる

 

好きだよって口にして

名前を呼んで

こんなことがあったよって

お互いに伝えあって

 

結婚しようねって

儚さから強いものへと変わった約束をした

 

ねぇ愛してるよ

 

きっともうすぐ会える

 

そうしたら私は

隙間なく抱きしめて

会えない分の「好き」を送るよ

 

電話

「電話していい?」

「いいよ」

 

夜中の0時過ぎにあなたに電話

 

「あー、どうしよ…会いたい」

って消えそうに

少し照れくさそうに

それでも真剣に言うあなたに

愛しさが募った

 

ふたりの電話の間に流れる沈黙でさえ愛しい

 

ふとした瞬間に

「あぁやっぱり好きだなぁ」って

何度思ったことだろう

 

「……俺の家こんの?」って

 

遠距離だからこそ寂しそうに呟く

 

「……行きたい、会いたいよ」って

 

好きって気持ちも何回言葉にしても足りない

本当に全部が愛おしくて

全部全部だいすき

 

お互い何度も会いたいって言い合って

 

お互いの知らない昔話をして

 

ふたりで一緒に寝落ちした

 

6時間半の電話

 

一緒に寝落ちしたら

あなたがそばにいるようで

幸せに眠れた

 

今日も明日もこの先も

あなたが誰よりも好きで大切です

私の1年

あなたが地元に帰った3月28日

 

あの日から私の時間は止まったように

 

何をしても空っぽで

頭の中であなたを思って

会えない距離を知って

 

この1年、あなたから貰った愛が多すぎた

知らなかったことをたくさん知った

経験した

 

だからこそ

あなたがそばにいないことがこんなにも寂しくて辛い

 

学生である縛りと未成年である縛り

解き放たれるならばあなたの元へ

 

朝と昼が大嫌い

眩しいから

夜と明け方が好き

何も考えなくていいから

 

愛されてるのに愛されてる実感がわかない

世界に独り、動かない時間の中に取り残されたみたい

 

あなたと初めて会ったのは学校でした

毎日会えていた

あなたは学校をやめた

それでもお泊まりやデートで1ヶ月に2回くらい会っていた

そしてあなたは地元へ帰った

1年に何回会えるのだろう

 

あなたの心の中にずっと

私がいちばんでいられるかな

 

会いたいよ