読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

想い

日々の考えや思い

今日も、明日も

まるで彼が夢だったかのように。

そばにいたことが嘘だったかのように薄れてゆく記憶。

どれだけめまぐるしく時間が回ってるのかがわかる。

 

今ではあなたがいない学校が当たり前になってしまって。

 

それでもやっぱり私は、出席で呼ばれる彼の名前に心がきゅっとしたりしてしまう。

 

空席になったあなたの席に、あなたの姿を描いてみたり。

もしあなたがこの授業を受けていたら、こんな反応をするんだろうなって考えたり。

 

いつだって私の心の中にはあなたがいる。

 

似てきた言葉遣い。

似てきた価値観。

似てきた仕草。

 

全部あなた色に染まっていく。

 

今日も、明日も、私はいつだってあなたに寄り添って生きていく。

 

誰よりも1番に、あなたの夢を応援してる。

 

今日も、明日も大好きだよ。

過去の振り返り

不意に、彼とのLINEをさかのぼってみた。

一緒に帰り始めた日、まだまだ2人の想いがすれ違ってた日、彼から「会いたい」「電話したい」が多かった時期。

 

たくさんの思い出の中で、あなたからの愛情を感じた。

 

あぁ、私こんなにも大切に愛されてたんだって気付いた。

 

最近も素っ気ないと思いながらも、絶対返してくれるし、毎日何通もやり取りするし、電話もする。

変わらない。

ずっとずっと好き。

私の好きもこうして変わらない。

 

どんなあなたを知っても、全てが愛おしく思えるほど、嫌いなとこだって全部全部裏返って好きに変わる。

 

今日も私はあなたが好き。

これから先もずっと。

苦しい

思い出してもどうしようもないのに、君の隣に座ってたこと、刺繍をしながら話したこと、一緒にお昼を食べたこと、一緒に居残りをしたこと、一緒に帰ったこと、どんどん思い出してしまう。

 

もう絶対に二度と戻らない時間になってしまった。こんなにも簡単に。

 

毎日会えるから、学校が好きだった。

あなたがいるから、休みたくないと思えた。

 

隣にいてこんなにも安心感のある人。

いつも私の好きな香水の香りをまとっていた。

 

毎日彼に触れて、毎日話して、毎日一緒に帰って、毎日好きな香りで癒された。

 

痛いほどに刻まれた思い出。

胸に、心に、身体に、記憶に、五感に。

 

誰より大切な人。彼が1番だって私はいつだって言える。自分以上に大切で、私にとって宝物のように扱いたい人。

 

そんな彼は私から離れてしまった。

痛い記憶を深く刻みこんで。

 

「いつだって会えるよ」

そうは言っても"当たり前"じゃない。

お互いの会いたいが一致しないと会えない。

 

その会いたいがあなたから消えたら、いつの日かあなたは私を忘れてしまうのですか?

 

           あなたの中から私は消えてしまうのかな。

消えたりしない 心の記憶

未だに夜になると不意に、彼が隣からいなくなったことを思い出してしまう。

 

一緒にいた時間が多くて、濃くて、あと2年は一緒にいられるなんて漠然と考えてた。

彼は当たり前のように私の隣にいるんだろうなって。

 

でもそんな日はもうなくなって、毎日会えなくなって。それでも彼はSNSでしっかり繋がってくれてて。

そんな彼を私は信じ続けて、応援し続ける。

 

"あなたの魅力に気付いたのが私でよかった"

"あなたを好きになっていくループにはまったのが私でよかった"

 

心からそう思える人。

応援したい人。そばにいたい人。頼ってほしいし、頼りたい人。

 

そして何より

私のことをずっと傍で見ていてほしい人。

ずっと好きでいたい人。

 

今日も明日も明後日も私はずっと

あなたに恋をしている。

きちんと伝えること

喧嘩して2日。

もうすでに私は耐えられなかった。

 

意地を張って向こうからの連絡を待った。授業中だって何度も通知を確認した。

それでも彼からのLINEは1つもなくて、寂しくなるばかり。

 

「突き放して欲しい」なんて言って、突き放されたら寂しくなって。

最高にわがままな私。

 

このままの関係が嫌で、彼が当たり前に隣にいなくなったとき後悔したことが蘇ってきて。

 

当たり前のことは、何かひとつであっさりと変わってしまう。そして当たり前に受けてたものは、失って大切さに気付く。

 

最後に残るのは"後悔"

 

そんな経験はもう二度としたくない。

だから私は今を大切にしたくて、彼に思い切って電話をした。

 

「出てくれなかったらどうしよう」そんな考えがあって、通話ボタンを押す手が震える。

 

でも私は信じてた「彼なら出てくれる」

 

その思いの通り、彼は電話にでてくれた。

久しぶりに声が聞けて、話せて、繋がれて、幸せだなってすぐに思えた。

たったこれだけのことでも私にとっては最高の時間だった。

自分の気持ちをすべて伝えた。

 

「怒ってごめんなさい。」

 

彼は

「怒らせてごめんなさい。」

 

いつものように会話をして、会う約束もして電話を終える。

 

終えた後の私は、すごくすっきりしていた。

勇気を出してよかった。

素直になってよかった。

出てくれてありがとう。

 

これからも私はずっと彼のことが大好きで仕方ないだろうから、彼からも同じくらい想ってもらえるような人になりたい。

心からそう思えた。

 

ありがとう大切な人。

 

 

喧嘩

昨日、大好きな人と喧嘩をした。

 

「いっそのこと突き放してよ」

言ってしまった。

そこからの既読無視。

 

突き放してって言ったから、彼なりに突き放しの意味での既読無視だと思う。

 

それでも私は、彼からのLINEを待ってしまう。

わがままだ。

 

彼と同じ香水を、本人を求めるように、寂しさを埋めるように身にまとう。

 

本当に好きで好きでどうしようもないんだって気付いた。

それでももう少し意地を張ってみたい。

彼にとって、私がどんな存在なのかをちゃんと確認するために。

 

こんな私でごめんね。

 

気持ちの整理

誰より大切な人が、私の隣からいなくなって1週間。

この1週間は本当に長かった。

他の友達といても、心はいつも穴があいたように、彼を探し求めるように、いつも真っ白だった。

 

会いたくて、会いたくて仕方ない。

寂しい心を埋めるように、彼を求める。

 

何度も我慢して、彼のいない毎日に慣れようと必死でも、少し堪えられても、一瞬でもろく崩れ落ちる。

 

なんでこんなに寂しいの。

この寂しさに慣れる時はくるの?

 

いつの間にか君がいないとダメな私になってしまっていた。

 

そばにいてください。お願い。

それ以上はもう望まないから。