読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

想い

日々の考えや思い

きちんと伝えること

喧嘩して2日。

もうすでに私は耐えられなかった。

 

意地を張って向こうからの連絡を待った。授業中だって何度も通知を確認した。

それでも彼からのLINEは1つもなくて、寂しくなるばかり。

 

「突き放して欲しい」なんて言って、突き放されたら寂しくなって。

最高にわがままな私。

 

このままの関係が嫌で、彼が当たり前に隣にいなくなったとき後悔したことが蘇ってきて。

 

当たり前のことは、何かひとつであっさりと変わってしまう。そして当たり前に受けてたものは、失って大切さに気付く。

 

最後に残るのは"後悔"

 

そんな経験はもう二度としたくない。

だから私は今を大切にしたくて、彼に思い切って電話をした。

 

「出てくれなかったらどうしよう」そんな考えがあって、通話ボタンを押す手が震える。

 

でも私は信じてた「彼なら出てくれる」

 

その思いの通り、彼は電話にでてくれた。

久しぶりに声が聞けて、話せて、繋がれて、幸せだなってすぐに思えた。

たったこれだけのことでも私にとっては最高の時間だった。

自分の気持ちをすべて伝えた。

 

「怒ってごめんなさい。」

 

彼は

「怒らせてごめんなさい。」

 

いつものように会話をして、会う約束もして電話を終える。

 

終えた後の私は、すごくすっきりしていた。

勇気を出してよかった。

素直になってよかった。

出てくれてありがとう。

 

これからも私はずっと彼のことが大好きで仕方ないだろうから、彼からも同じくらい想ってもらえるような人になりたい。

心からそう思えた。

 

ありがとう大切な人。