読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

想い

日々の考えや思い

苦しい

思い出してもどうしようもないのに、君の隣に座ってたこと、刺繍をしながら話したこと、一緒にお昼を食べたこと、一緒に居残りをしたこと、一緒に帰ったこと、どんどん思い出してしまう。

 

もう絶対に二度と戻らない時間になってしまった。こんなにも簡単に。

 

毎日会えるから、学校が好きだった。

あなたがいるから、休みたくないと思えた。

 

隣にいてこんなにも安心感のある人。

いつも私の好きな香水の香りをまとっていた。

 

毎日彼に触れて、毎日話して、毎日一緒に帰って、毎日好きな香りで癒された。

 

痛いほどに刻まれた思い出。

胸に、心に、身体に、記憶に、五感に。

 

誰より大切な人。彼が1番だって私はいつだって言える。自分以上に大切で、私にとって宝物のように扱いたい人。

 

そんな彼は私から離れてしまった。

痛い記憶を深く刻みこんで。

 

「いつだって会えるよ」

そうは言っても"当たり前"じゃない。

お互いの会いたいが一致しないと会えない。

 

その会いたいがあなたから消えたら、いつの日かあなたは私を忘れてしまうのですか?

 

           あなたの中から私は消えてしまうのかな。