読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

想い

日々の考えや思い

私の1年

あなたが地元に帰った3月28日

 

あの日から私の時間は止まったように

 

何をしても空っぽで

頭の中であなたを思って

会えない距離を知って

 

この1年、あなたから貰った愛が多すぎた

知らなかったことをたくさん知った

経験した

 

だからこそ

あなたがそばにいないことがこんなにも寂しくて辛い

 

学生である縛りと未成年である縛り

解き放たれるならばあなたの元へ

 

朝と昼が大嫌い

眩しいから

夜と明け方が好き

何も考えなくていいから

 

愛されてるのに愛されてる実感がわかない

世界に独り、動かない時間の中に取り残されたみたい

 

あなたと初めて会ったのは学校でした

毎日会えていた

あなたは学校をやめた

それでもお泊まりやデートで1ヶ月に2回くらい会っていた

そしてあなたは地元へ帰った

1年に何回会えるのだろう

 

あなたの心の中にずっと

私がいちばんでいられるかな

 

会いたいよ